入れ歯|いずみ野線「弥生台」駅で歯科をお探しの方は医療法人日桜会 弥生台マノア歯科まで

〒245-0008
神奈川県横浜市泉区弥生台16-1 相鉄ライフやよい台1階

診療時間
10:00~19:30

休診日:祝日 ▲:土日は10:00~18:30

  • 地図
  • メニュー

食事や会話を楽しめる、ぴったりの入れ歯を製作します。
このようなことでお困りではありませんか?
当院がお力になれます。

  • 歯が抜けたままにしている
  • 入れ歯がズレて嚙みにくい
  • どんな入れ歯が合うか相談したい
  • 入れ歯のかみ合わせを見てほしい
いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科

入れ歯とは?

歯は互いに支えあっているため、1本でも抜けたり欠けたりすると、支えを失った周りの歯が動いてかみ合わせが悪くなってきます。すると、むし歯や歯周病になったり、顎関節症や肩こり、頭痛を引き起こしたり、全身にも不調が現れることがあります。
「噛む」「話す」といった口腔機能を維持することはもちろん、お口と全身の健康を守るためにも、歯を失ったら入れ歯や義歯ですぐに補いましょう。
歯を1本だけ失った場合の「部分入れ歯」から、すべての歯を失った場合の「総入れ歯」まで、いずれも保険診療で入れ歯を作ることができます。お気軽にご相談ください。

入れ歯が必要な理由

    歯が抜けたままの生活は、このような症状を招くことも……

  • 残っている歯がむし歯・歯周病になる
  • 頬がやせ、顔の印象が老けて見える
  • 顎関節症になる
  • 原因不明の肩こり・頭痛に悩まされる
  • 身体全体のバランスが悪くなり、転倒しやすくなる
  • 認知症リスクが上がる

入れ歯の種類

いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科

●レジン床義歯(保険適用で作る総入れ歯)

歯ぐきに触れる「床」部分が、プラスチック(レジン)製の入れ歯です。
幅広い症例で使用できるうえ、保険適用で比較的安価に作ることができます。
一方で、強度を保つには金属床に比べて床を厚く大きくする必要があり、装着時の違和感や、食べ物の温度が伝わりにくい、話しづらいなどのデメリットがあります。
いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科

●金属床義歯(自由診療で作る総入れ歯)

歯ぐきに触れる「床」部分が、金属製の入れ歯です。
自由診療になるため比較的高額ですが、破損しにくい金属の性質から床を薄く作れるので、違和感を軽減できます。話しやすく、食べ物の温度も伝わりやすいので、おいしく味わうことができます。床がたわむこともないので、残っている歯への負担が少ないことも特徴です。
いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科

●ノンクラスプデンチャー(自由診療で作る部分入れ歯)

部分入れ歯は、残っている歯に「クラスプ」と呼ばれる金属バネをかけて支えるため、お口の中で目立ちやすいというデメリットがあります。
ノンクラスプデンチャーは、名前の通りクラスプが無く、歯ぐきに近いピンク色のプラスチックで歯を支えます。自由診療になりますが、見た目が自然で、目立ちやすいという入れ歯のお悩みを解消することができます。

治療の回数について

失った歯の本数が1~2本の方は、通常2~3回で装着していただけます。
失った歯の本数が多い方は、5~6回で製作し、その後、かみ合わせなどの調整を行う場合もあります。

入れ歯製作の流れ

  • カウンセリング・精密検査
    いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科・カウンセリング・精密検査 すべての入れ歯は、お一人お一人に合わせて「オーダーメイド」で製作します。
    初診でかみ合わせや骨格などを詳しく検査し、カウンセリングで患者さんのお悩みやご希望をじっくり伺います。
    それらを総合して、患者さんに適した入れ歯を複数ご提案させていただきます。それぞれのメリット・デメリット、治療内容、治療回数、費用までしっかりご説明しますので、納得できるものをお選びください。
  • 初期治療
    いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科・初期治療まずは初期治療を行い、患者さんの口内環境を整えていきます。
    むし歯や歯周病があると、入れ歯の本来の機能を発揮できなかったり、すぐに作り変えが必要になったりと、せっかく作った入れ歯が無駄になる可能性があります。
    入れ歯を長く、快適にお使いいただくために欠かせない工程です。
  • 型取り
    いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科・型取り入れ歯製作の肝である型取りを行います。
    当院では、基本的に2回の型取りをいたします。
    • ● 1回目:個人トレーの製作
      患者さんのお口の大きさと歯並びに合わせた型取り用の「個人トレー」を作ります。
      これにより、既成品のトレーよりも精密な歯型を取ることができます。
    • ● 2回目:個人トレーによる型取り
      1回目に作った「個人トレー」を使って、精密な歯型を取ります。
  • かみ合わせの調整
    いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科・かみ合わせの調整まだ歯の入っていない入れ歯の土台を用いて、かみ合わせの高さや歯の位置関係を調整します。
    これらの結果をもとに、土台に人工歯を「仮並べ」していきます。
  • 入れ歯の試着・調整
    いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科・入れ歯の試着・調整
人工歯を仮並べした入れ歯を試着していただきます。
    そこで改めてかみ合わせ、バランス、見た目、違和感などを確認し、緻密に調整を行っていきます。その後、人工歯を最終的な位置に並べます。
  • 完成・メンテナンス
    いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科・完成・メンテナンス再び装着していただき、問題がなければ完成です。
    その日から、ぜひお食事や会話を楽しんでください。

    入れ歯は使用を続けるうちに、入れ歯そのものだけでなく、患者さんのお口にも変化が生じます。いつまでも快適な装着感を保っていただくために、3か月に1回程度のメンテナンスを受けるようにしましょう。
    違和感や痛みなど気がかりなことがあれば、いつでもご相談ください。当院は快適に使い続けていただくために、しっかりサポートいたします。

Q&A

Q1入れ歯を作るために、他の健康な歯を削ることはありますか?
A1部分入れ歯を固定するワイヤーをかけるために、ワイヤーがずれないように少しだけ削ることがあります。
Q2周囲に入れ歯と気づかれたくないのですが。
A2部分入れ歯は金属の留め具が目立つため、「ノンクラスプデンチャー」と呼ばれる留め具を使わない入れ歯をおすすめします。自由診療となりますが、見た目が自然で気づかれにくい入れ歯です。
Q3保険診療と自由診療の入れ歯は、価格のほかに何が違うのですか?
A3保険診療の入れ歯は、使用できる素材や1人の患者さんにかけられる時間などが国によって決められています。一方、自由診療は使用できる素材の選択肢が広く、機能性や審美性を納得するまで追求することができます。また、治療時間の制限もないため、ぴったりフィットするまで調整に時間をかけることも可能です。
Q4入れ歯とインプラント、どちらにするか迷っています。
A4入れ歯とインプラントのどちらが適しているかは、患者さんのお口やお身体の状態、価値観、義歯に望むことなどによって変わってきます。まだ決められないという方も、まずはお気軽にご相談ください。