予防ケア|いずみ野線「弥生台」駅で歯科をお探しの方は医療法人日桜会 弥生台マノア歯科まで

〒245-0008
神奈川県横浜市泉区弥生台16-1 相鉄ライフやよい台1階

診療時間
10:00~19:30

休診日:祝日 ▲:土日は10:00~18:30

  • 地図
  • メニュー

「治療」ではなく「予防」で歯を長持ちさせましょう。
このようなことでお困りであれば、当院までご相談ください。

  • 歯磨きをしているのにむし歯になる
  • むし歯・歯周病から歯を守りたい
  • 自分の歯磨き法が正しいのかわからない
  • いくつになっても自分の歯で食事を楽しみたい
いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科

予防ケアとは?

「予防ケア」とは、むし歯・歯周病を未然に防ぐための口腔ケアです。ご家庭での歯ブラシやフロスでのケア、歯科医院でのフッ素塗布やプロによるクリーニングなどをさします。
予防ケアはご自身で行う「毎日のセルフケア」はもちろん、歯科医師や歯科衛生士による「定期的なプロケア」の両方が揃ってはじめて効果を発揮します。 いつまでもお口の健康を守り続けていくために、私たちとご一緒に予防ケアを始めていきましょう。

世界のスタンダードは「予防」です

いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科
日本ではこれまで、歯が痛くなってから「治療」のために歯科医院へ行くのが普通でした。しかし、どんなに高度な治療でも、むし歯で穴の開いた歯や歯周病で溶かされた歯槽骨を元に戻すことはできません。しかも治療を繰り返すほどに、歯は脆くなってしまいます。
一方、歯が痛くなる前に「予防」のために歯科医院に通っていれば、ご自分の歯を長く健康に使い続けることができます。
その実例が、予防先進国スウェーデンです。スウェーデンでは、約30年前に政府が医療費削減のため、歯科の「予防」を国家プロジェクトとしてスタートさせました。今では赤ちゃんから高齢者まで、「治療」ではなく「予防」のために歯科医院へ通うのが常識になっています。その結果、口腔疾患の罹患率が大幅に下がり、70歳での残存歯が平均21本となり、日本人の平均16本と大きな差をつけています。
歯を失わなくて済むだけではなく、「予防」にはさまざまなメリットがあります。ぜひ、「治療」ではなく「予防」へと意識をシフトしていきましょう。

予防ケアのメリット

・いつまでも自分の歯で噛める・食べられる

「予防ケア」の一番のメリットは、年齢を重ねても自分の歯でおいしく食べられて、会話を楽しめることです。入れ歯(義歯)で失った歯を補うことはできますが、ご自分の歯の機能性には敵いません。

・身体全体の健康維持にもつながる

最近では歯周病が誤嚥性肺炎、糖尿病、心疾患、脳梗塞、認知症などの全身疾患のリスクを高めることも指摘されています。つまり、歯周病を予防・治療し、お口の健康を守っていくことは身体全体の健康、ひいては命を守ることにもつながります。

・治療にかかる時間やコストを軽減できる

症状が出るたびに何度も治療を繰り返すよりも、定期的に予防ケアを受けるほうが時間的・経済的負担を抑えることができます。たとえば抜けた歯をインプラントにした場合、治療期間は平均で約6カ月、1本あたり約30万円の費用がかかります。

・痛い思いをしなくて済む

当然ながら、病気にならなければ痛みはありません。治療もいらないので、麻酔注射を受けたり、歯を削られることもありません。痛みが苦手な方こそ、「予防」をおすすめします。

・病気の早期発見・早期治療につながる

定期的に歯科医師にお口を診せることで、病気の早期発見・早期治療につながります。お口の中はむし歯・歯周病だけでなく、口腔がんなど大きな病気が隠れている場合もありますので、定期検診は安心にもつながります。

・お口がさっぱりして気持ちがいい

予防ケアは定期検診とお口の中のクリーニングが主なので、痛みはありません。むしろ、お口の中がさっぱりしてリフレッシュできます。

定期検診の内容

いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科
むし歯や歯周病の早期発見と治療には「定期検診」が欠かせません。
以下のチェック項目をもとに、歯科医師がお口の中の健康状態を丁寧に確認します。
  • むし歯や歯周病のチェック
  • 各種検査
  • 歯のクリーニング(PMTC)
  • 歯の磨き方指導
  • 詰め物・被せ物の不具合のチェック
  • 口腔粘膜の健康チェック
「いつの間にか歯に穴が開いている」「気が付いた時には歯周病がだいぶ進んでいた」といったことがないよう、定期検診を受けましょう。早期に治療やケアを受けることで、お口の健康をすみやかに取り戻すことができます。

家族そろって予防を始めましょう

むし歯や歯周病は、細菌が感染して発症します。とくにお子さんには、一緒に暮らすご家族からの感染が考えられますので、大人も口腔内細菌を減らしておくことが大切です。
また、日本人の成人の約80%が歯周病にかかっているといわれていますので、お子さんへの細菌感染を減らすためだけでなく、親御さんのためにも予防ケアは必要です。
3カ月に一度はご家族で定期検診に出かけるなど、「予防ケア」を習慣にしてご家族みんなの歯を守っていきましょう。
  • いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科

    月に1回、
    歯ブラシの交換日を決める

    新品の歯ブラシで落とせる歯垢を100%とすると、毛先の開いた歯ブラシでは62.9%しか落とせないといわれています。また、衛生面でも月に一度は新しい歯ブラシに交換することをおすすめします。
  • いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科

    良く噛む習慣をつける

    唾液は、食後のお口を酸性から中性に戻し、歯の再石灰化を促してむし歯を防ぐ働きがあります。唾液の分泌を促すためにも「1口30回」は噛むことを心がけましょう。
  • いずみ野線「弥生台」駅・弥生台マノア歯科

    お子さんに仕上げ磨きをする

    大人であっても磨き残しをゼロにするのは難しいものです。お子さんは小学生になってもまだまだ歯磨き初心者なので、なるべく大きくなるまで親御さんが仕上げ磨きを続けてあげましょう。最低でも、3年生ごろまでは仕上げ磨きをおすすめします。